« 夏季限定 | トップページ | 魚の機嫌 »

2010年8月15日 (日)

小樽水族館

今日は夏休みという事で小樽水族館へ

行って来ました。

関東圏であれば鴨川、八景島、江ノ島など

大きな水族館がたくさんありますが

北海道でそこそこの設備でやってる水族館って

小樽と登別くらいしか知らない。

他にもあるのかな?

かなりの混雑を覚悟して行ったんですが・・・

かなり空いてました(驚)。

マスコミの旭山動物園の報道で

『北海道は動物園』なんでしょうな。

行った時間が遅かったのでジロ子が

グズる前に(笑)イルカとオタリアのショーへ。

↓まずはオタリアから

Img_4310

定番のものから

Img_4312

大技までありました。

↓でイルカ。

Img_4319

Img_4316

Img_4330

ジャンプ技多数でジロ子も喜んでました。

そして、まだジロ子が眠そうではなかったので

アザラシの給餌へ。

ここではバケツに入った餌(魚)を売ってるのです。

意外と有りそうで無いサービスだよね。

↓もちろん給餌するのはジロ子。

Img_4356

モタモタするジロ子に前足で催促するアザラシ(笑)。

バシャバシャやられてます(爆)。

↓いざっ、給餌。

Img_4360

魚を摑むトングがちゃんと使えるか心配でしたが

全然、大丈夫でした。

ちょっとジロ子をみくびってましたね。

反省。

↓ただ大きめの魚をあげる時に

Img_4369

ちょっと失敗、足元に落ちる(笑)。

この失敗に怒るアザラシ(爆)。

またバシャバシャやられてます。

でも、とっても楽しそうでした。

今回ちょっと驚いたのは動物園で流行の

『行動展示』が水族館にも!

↓コツメカワウソの展示槽です。

Img_4393

木登りも泳ぎも得意なコツメカワウソの飼育槽は

通路を挟んで左右に2つあって天井の通路と

床下の水路で繋がってました。

↓判るかな?

Img_4396

が・・・あまりに活発なコツメカワウソにジロ子は

怖がってました(笑)。

こういう展示はやっぱり面白いですね。

最後は魚を拝見しましたが・・・

ナンヨウハギなどと同じ水槽にウミガメが!

↓見ると右前足が・・・

Img_4389

とっても痛々しいです。

右前足がなく衰弱した状態で小樽に打ちあげられてた

そうです。

こういう仔を展示するのは賛否分かれそうですが

個人的には賛成・・・かな。

水族館に行って見た生物がキレイ、カワイイ

だけでなく、こういう仔も居るんだと。

ハンデを背負っても生きる事を諦めない、そんな風に

感じてくれる人が一人でも居ればと想うのです。

とにかく今は元気に泳いでいましたよ。

で・・・魚です。

↓南米の巨大魚ピラルク。

Img_4380

3mくらいの個体を一度でいいから見て

みたいんですがね。

2m弱くらいだったかな。

↓キャビアのチョウザメ。

Img_4394

こちらも大きな個体で2mくらいだったかなぁ。

↓初めてみたノコギリザメ。

Img_4410

給餌シーンを見てみたい魚。

水族館でもあまり長期飼育の話を聞かないなぁ。

頑張って長期飼育してもらいたいですね。

↓最近テレビCMでもやってたヒョウモンオトメエイ。

Img_4413

ヒョウ柄でキレイです。

またエイ飼いたいな。

・・・UPした写真かなり趣味が偏ってるな(笑)。

もちろんカラフルな熱帯魚も居ましたよ。

そして最近、水族館に行くと思う事。

ショップの方が魚種が多い・・・

ピラルクやチョウザメは普通に小売店に

並びますし、希少性が高いノコギリザメや

ノコギリエイも稀ですがアクアリウムトレード

しますもんね。

ただ買う事ができても物理的に飼えない

ので自分は水族館で見るだけですが・・・。

メートル級の魚が飼える環境ほしいです(笑)。

最後に魚を見て廻ったのですが・・・

↓疲れてジロ子は寝てしまいました~!

Img_4416

また来ようね。

|

« 夏季限定 | トップページ | 魚の機嫌 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽水族館:

« 夏季限定 | トップページ | 魚の機嫌 »