マリンアクアリウム

2009年5月19日 (火)

愛嬌者!

今日は動画ブログ(笑)。

前に一度UPしたけど、

ウチで一番の愛嬌者。

コクテンフグ(海産フグ)。

↓腹減ると水鉄砲する。

すごい催促される。

プレッシャー(笑)。

↓で、給餌の様子。

スゲー咀嚼してる(笑)。

ちょっと行儀悪いかも!?

餌はひかりクレストのキャット。

声が入っちゃったので無音にしましたが

フードを噛み砕く「カリッ!」って音が聞こえる。

・・・怖い!!

フグへの給餌はジロ子の仕事(笑)。

勝手にやると怒られる(爆)!

そして・・・

↓恒例の直接給餌(←相変わらずバカな事を!)

緊張の為、少し逃げ腰(爆)。

直接給餌の動画は暫くお休み。

直接給餌できるヤツいなくなったから。

新たにできるようになったら、またUPします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

やっちまったなぁ!?

今日はウツボ!

ウツボって、どの程度の知名度がある

んでしょうか?

一部地域以外は、あまり食用にもしないし

(四国の方では食べるそうですが・・・。)

一般の人がウツボを見る機会って水族館

くらい?

そんなウツボがウチには3匹います。

↓一番最初に飼ったウツボ。

12

クモウツボ。

マリンアクアリウムでは最もポピュラー種。

大人しくて飼い易いのですが、水槽から

よく飛び出す!

ウチのも3回程飛び出して干物になり

かけた事が・・・。

でも発見が早く、その都度復活。

(半日以内に水に戻すと復活する。)

もちろん、今は隙間を完全に塞いで

あります。

↓ウチでは一番小さくて臆病なウツボ。

3

モバウツボ。

(顔しか撮れなかった、涙)

非常に臆病ですが、最近直接給餌に成功!

(またバカな事やってる、笑。)

↓こんな感じ。

餌を咥えて、速攻でパワーヘッドの陰へ。

この謙虚さがウチでは評判いいです(笑)。

↓ウチで一番大きいウツボ。

2

ナミウツボ。

前2種の歯が臼歯なのに対し、こいつは

鋭い歯を持ってる。

なので直接給餌は絶対やらない(当然だっ、笑)。

が・・・今日、換水時に水槽へ手を入れた時、

「!!!!!?」

激痛!!!

噛~ま~れ~た~~~!!

危険なのは重々承知でしたが、完全に油断

してました~~~!

中指を噛まれて、血は止まらんし、

あまりの痛さに指先から肘まで痺れてるし・・・。

自分、気が小さいので

「病院いった方がいいかも!?」

と、ホントに少しだけ考えました(爆)。

         

これから暑くなってきて海で磯遊び!

の季節になりますが、膝下位の水深でも

70cm位のウツボいるので気をつけて

下さいね~。

(おまえが一番気を付けろよっ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

直接給餌(サメ編)

久々に動画です。

見事な程やり方忘れてた(笑)。

前に『ネコザメ』の給餌はUPした気がする・・・。

(最近、物忘れがひどいんだよねぇ、笑。)

↓今回はシロボシテンジクザメ!

与えてるのは、イカの切り身。

バックでフグやウツボが見え隠れしてますが・・・。

ウチの水槽の中では一番 平和な水槽(笑)。

手で直接あげたのは久々なんですが

昔と違って、かなりソフトでした(笑)。

(昔はよく噛まれた、笑)

動画は少し面倒なんですが、ネタが無くなったら

このシリーズで繋ぎます(笑)。

※よい子はサメや肺魚に手から直接与えないでね(笑)。

 マジで痛いから!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

太れ!

・・・ネタがない・・・。

なので、今日はマリンアクアリウムで。

(過去記事で紹介したヤツがいるかも・・・

でも勘弁して、笑。)

今年もGWに北海道へ帰省する為

1週間程、留守にします。

その間、給餌できないので最近は

冷凍エサの割合を増やし、脂肪

つけてもらっています(笑)。

海水魚は、以前の壊滅事件から殆ど

買い足してないので、今日の紹介は

その生き残り達という事になります。

↓みんな知ってるよね、映画に出てたから(笑)。

2

ナンヨウハギ。

普段、岩に寄り掛かって寝てるけど

一昨日は水槽の真ん中で横たわってた。

また、やっちまったかと思いましたよ!

マジで!!

水槽に手をかざしたら餌をねだりに来た

人騒がせなヤツ。

 

↓ニモじゃないけど

3

スパインチークアネモネフィッシュ(長っ)。

ホントはイソギンチャクと共生させて

あげたいけど、今の設備じゃ光量不足で

無理。

ウチにいる魚でコイツが一番の古株。

6年目くらいになる。

北海道から引っ越す時も、長旅に

耐えた強者。

海水魚で最強なのもコイツ。

サメと一緒にするとサメがやられる(笑)。

 

↓スパインチークと相性がいい。

4

キイロハギ。

コイツも長い。ウチ来て5年以上経つ。

折り合いがいいので、混泳水槽を創る自分

からみて理想の性格の持ち主。

 

↓事件後、唯一買い足した魚。

Img_4505

ハタタテネジリンボウ。

テッポウエビと共生中。

共生するはずだけど・・・

あまりエビの手助けしない(笑)。

これじゃ、エビの巣穴に住む

ただの居候(笑)。

 

↓最後はフグ。

6

コクテンフグ。

自分の趣味じゃないです(笑)。

キャラクターがいいんだそうです。

餌をあげようとすると、ジロ子が

自分の椅子を持ってきて、「ん、ん。」

と(フグの)餌を催促します。

で、椅子に登って水槽の隅の

給餌用の穴からポチャンと・・・。

今では、ジロ子の魚になってる(笑)。

この前は、何が気に入らなかったのか

(フグが)怒ってました。

13

15

暫くして元に戻りましたが。

これ見てカミさん大興奮でした(笑)。

とりあえず1週間の断食が待ってる

から、みんな太ってね。

(スマン!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

今のうちに・・・

来週以降あまり更新できそうにないので、今のうちに

頑張って更新します。

といってもネタがないのでアクアリウムで!

↓これが、うちの水槽システム。

0003

一番下のメイン水槽の上に、オーバーフローの小さな水槽を

4つ繋げてある。

メイン水槽の水を外部ポンプで上の水槽にポンプアップし

溢れた水はメイン水槽に戻ってくる仕組み。

上の小さな水槽は自分でオーバーフロー加工した。

なので水漏れしない保障はない(笑)。

で、中の住人(?)の紹介。

↓まずは、この前紹介したイヌザメ。

A

うちで生まれたばかりの頃。

右の黒い物体が、こいつの入っていた卵。

↓もう一匹サメ。

04

これは、シロボシテンジクザメ。

ペットショップで生まれたてを連れてきた。

なので、やっぱり海を知らない(笑)。

サメは二匹ともよく慣れているので手で直接給餌する。

噛まれる事もしばしば・・・。

変な魚ばかりと思われると困る(事実!?)ので

もう一匹。

↓ニチリンダテハゼ。

02

一緒にいるのはニシキテッポウエビ。

エビと共生するハゼ。

視力の弱いエビが巣穴を掘っている間、ハゼが見張りをする。

その代わり巣穴を一緒に使う。

なので相利共生(らしい)。

全く違う生物が一緒に生活をするのが面白い。

ハゼとエビの共生は20cm位の小さな水槽から

再現できるのでお奨め!

残りの面々は次の機会に紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)